プラセンタサプリと注射の違い
プラセンタサプリの口コミを比較しました
第1位ステラマリア(ステラ)
ステラマリア

国内豚のプラセンタのみを100%使用。
1粒に10000mgのプラセンタ原末を配合。

詳細情報はこちら

第2位プラセンタ100CORE
プラセンタ100CORE

食肉用豚由来のプラセンタのみを100%使用。
1粒に9000mgのプラセンタ原末を配合。

詳細情報はこちら

第3位WHITE'st プラセンタつぶ(フラコラ)
WHITE'st プラセンタつぶ

3粒に10000mgも配合!さらにアミノ酸も配合しているので、アンチエイジングにも効果的です。

詳細情報はこちら

プラセンタサプリメント比較HOMEプラセンタって何? ≫ プラセンタサプリと注射の違い

プラセンタサプリと注射の違い

こちらのページはプラセンタサプリと注射の違いについてまとめています。

プラセンタの摂取方法にはどんなものがあるの?

注射1

プラセンタを摂取するには、2つの方法があります。

それが「注射」と「サプリメント」。どちらもプラセンタを摂取できますが、原料に大きな違いがあります。注射は人由来のプラセンタに限られ、しかも許可されているのは医療機関でのみです。一方、サプリメントは動物性・植物性・海洋性のプラセンタで作られていて、市販もされています。

注射とサプリメントだと、即効性や安全性、費用などの面で違い が出てきます。そこで、それぞれの方法とメリットとデメリットを紹介していきます!

注射のメリットとデメリット

注射によるプラセンタ摂取は人由来のものに限られるので、吸収率が非常に良いことで知られています。また、注射は体内に直接成分を取り入れるため、即効性に関しても効果が期待できます。

ただし美容目的でプラセンタ注射を行う場合には保険が適用されず、自費での治療となるため、高いところだと1回につき10,000円かかってしまうこともあります。しかも持続期間2~3日とあまり長くないため、効果が現れるまでには週に何度も注射を打つ必要があり、その分費用がかさんでしまいます。

また、効果が現れてからも2週間に1度など定期的な摂取が必要となるため、医療機関に通う暇がない、コスト面が不安という方にはあまりおすすめできません。

それと注意点として、プラセンタ注射を行うと感染症予防の観点から献血が禁止されていることも覚えておかなければいけません。

サプリのメリットとデメリット

黄色い錠剤

サプリメントの最大のメリットは注射に比べて手軽、かつ低コストで抑えられることです。

人由来のプラセンタと比べて大きく成分が乏しいということはありませんし、ネットで販売されているプラセンタサプリは定期購入が可能であるため、注射のように週に何度も医療機関へ通わなくても続けることができます。

しかも注射でかかる費用に対して、サプリメントは大幅に出費を抑えることができます。特にコストパフォーマンスが良い製品であれば月に2,000~3,000円程度なので、1/10以上の節約になりますよね。

また、注射だと制限されてしまう献血も、サプリメントであれば自由に行うことができます。

ただ、やはり注射に比べると即効性は劣るので、どうしてもすぐに効果を実感したい、という人には向かないかもしれません。サプリメントでプラセンタを摂取する場合は、あくまで効果が出るまでじっくり待つことが大切です。














口コミで評判のプラセンタサプリメントのランキングを見てみる

 
第1位ステラマリア(ステラ)
ステラマリア

国内豚のプラセンタのみを100%使用。
1粒に10000mgのプラセンタ原末を配合。

詳細情報はこちら

第2位プラセンタ100CORE
プラセンタ100CORE

食肉用豚由来のプラセンタのみを100%使用。
1粒に9000mgのプラセンタ原末を配合。

詳細情報はこちら

第3位WHITE'st プラセンタつぶ(フラコラ)
WHITE'st プラセンタつぶ

3粒に10000mgも配合!さらにアミノ酸も配合しているので、アンチエイジングにも効果的です。

詳細情報はこちら

 
運営者情報
Copyright © 2015 プラセンタで若返りたい人必見!おすすめプラセンタサプリ口コミ比較ランキング all rights reserved.